スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサキ糖 is 俺

ケーブルテレビでアメリカの番組を見ていた時、ある衝撃が俺に走った。
何かというと、テレビの内容そのものじゃなく、その間に入ったCMで、衝撃が走ったのだ。

どういうことか。
自分でもこれ程までに脳の考え方が変わるんだと思ったんだけども、CMに対しての商品価値をしっかり見出そうとしていたのだ。
こう話して意味がわかるかな?何が言いたいかというと、アメリカの番組を見ていたおかげで、CMの見方がアメリカ人的になっていたわけ。

これでもまだ言いたいことが伝わらないような感じもするので、一つある例を出したい。


何年か前の話。
「ガール・ネクスト・ドア」とかってバンドが出た時、ものすごく「なんかゴリ押ししすぎてないか?」とか思ったわけ。
CMがウザいくらい流れて、ウンザリしていた。
その頃ちょうど、ヤフーのコメント欄てのができて、このバンドに対しての書込みで「ゴリ押ししすぎ」とか「下手くそ」とか書かれていて、それを見た時「ほら、やっぱみんな思ってるじゃん」とか思った。

その後、CMや広告などメディアでは「ゴリ押し」という文化は変化が起きて、「ステマ」というものになってきた。
それさえも自分も、やはりネットでも見抜かれてしまい、文句が言われ、そんなコメント欄を見て俺は「ほら、やっぱりそうだ」とか思っていた。


さて、もしもこれがアメリカ人のような考え方で、「俺がどう思うか」で見たらどう変わっていたのだろう?
「ガール・ネクスト・ドア」に対してはきっと、ただただ興味が無いだけで、「まぁ俺はテクノ系は聴かないしな」としか思っていなくて、他人にその意見の同意を得ようとは思わない。

今回、件のアメリカのテレビの途中のCMで、自分が何を考えるべきかってのをようく学んだ気がする。
しかも面白いことに、そのCMはあくまで日本人向けの日本のCMなわけで、そんな民放でも見ているCMに対し視点が変わったということには驚かされた。

けれど、けれどきっと、いざ外に出て友人らと会えば、やはり拭いようのない「日本人」の視点でいる状態は起きる。
そこには「俺」がいない気がしてならない。

どうすればいい?
やはり日本にいる限り、俺は俺でいられないのだろうか?
俺でいたい。
俺が叫んで、俺が歩いて、俺が描いていたい。
それが俺なんだからな。
スポンサーサイト

茶番

あんまり時事ネタとか、社会のこととか書くのはダサいと思ってるんで書きたくないんだけど、正直ここ数年本気で嫌だと思ってて、ここ数日で募ったので書かせてもらう。

この一週間近く、ハラスメントや体罰問題で誰それコーチがやめたとか(運動系はよくわからないので名前がわからん)、AKBが頭を丸めて反省とか、日本全体が茶番をしてる気がしてならん。

いや、日本はもともとそういう国だったとは思うけど、もうヒドさに呆れ返った。

さらにいうと、それについてああだこうだ叩くマスコミ・ネット・周りの環境そのものが含めて茶番にしか思えん。

わかっていた、けどもうホントに馬鹿らしい。
もっというと、そんなことで今ブログに書かざるをえない自分がいることすら馬鹿らしい。


何度も言うけど、こういうことは書きたくない。
俺の漫画とロックにそんなくだらんことなど出てこないから。
俺は妊婦を描いて下手くそなグランジを弾いてればそれだけでいいはずなんだ。

けれど、どうしても耳に入ってくるのは仕方ない。



今からちょっと話がズレる。
ヨーロッパのお菓子の会社で、食中毒事件が発生したそうだ。
社長は責任をもって、慰謝料、さらにその原因追求と商品の徹底を突き止め、解決したそうだ。
で、今でも社長は現役で、さらに「あの時の自分の対応力に誇りを持っている」と述べたんだと。

きっと日本でそんな事起きたんじゃ、社長は解決も何もしないまま辞任するし、しなけりゃ「辞任しろコール」になる。
もうこれは内部も外部もどうしようもない。泥。腐敗。


話を戻して、そのヨーロッパのお菓子会社と今回のコーチ辞任&頭丸めの違いを考えると、もはや日本の国そのものがバカみたいな茶番をしてるとしか思えてこない。


俺は気にしないで我が道を通してればいいかもしれない。
だから妊婦漫画を描いてるんだし。
それでも、どっかから目に、耳に飛び込むものを無視できない。
無視しようとしても、無視する意識を持った時点で無視してない。


これだけ嫌ならテレビもネットもない田舎にこもればいいじゃん、とも思える。
『北の国から』レベルで山奥に動くことが大切かもしれない。



昔、海外を旅行している時に、ベンチに座っていたら、チンチクリンの髪の黒人の少年が、
「Good!」
と俺の服を指さして言ってきた。
結構個性的な柄で、日本で着ていたら調子に乗ったバンドマンにしか見えない感じの服だった。
でも、あの黒人の少年は純粋にこれを「イカしてるぜ」と褒めてくれた。
ああありたい。


「日本はいいとこだってある、むしろアメリカやヨーロッパなんて◯◯だし~」とか、それぞれの長所短所などいくらでもあるのはわかってる。

でも、俺は自分が満足して、納得していたい。
ずっと日本にいて、「ここにいていいのか」と思うより、アメリカに住んで、「日本って良い国なんだな」と思えるような。


そうすれば俺自身の気持ちの整理がつくかもしれない。
カッコよさって、そういうことだろう。

真剣な悩みだと今、感じてる。
日本じゃ俺の歩幅にはチープすぎる。

PROFILE

ミサキ糖

Author:ミサキ糖
サークルMISAKIX MEGAMIXにて、エロ担当の漫画家です。

お仕事等はこちらへどうぞ。→ jazz5520002000@yahoo.co.jp
近頃迷惑メール多数のため、返信がない場合はツイッターなどで呼びかけてもらえれば助かります。

pixiv

カウンター

ひそひそつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。