スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋とペンネーム

自分以外、こんな話を聞いてもどうでもいいことだろうけども、何だか運命的な流れを感じる年な気がする、今年は。

実は今度発表予定の単行本に、過去の単行本化されてない作品を掲載するという話が出て、過去の原稿を漁っていたワケ。
予定ではデビュー作と、初投稿作品を掲載する運びとなっている。
過去作を見ると、絵は拙くてもグイグイした迫力が伝わる。これは反省すらした。
初心忘れるべからず、ともいうわけだが、今の戒めによかった。
「できる」ことをやるのではない、「やりたいこと」をグイグイ描く姿勢。
それとともに、この時使っていたペンネームも目に入ったわけだ。今の「ミサキ糖」とは違うペンネーム。
その時のペンネームも、今のペンネーム「ミサキ糖」も「ミサキ闘」も、全てその時に付き合っていた女性の名前と俺本人の名前をアナグラムしてる。
それで思い出したのが、その時のペンネームを一緒につけた当時の彼女。

ふと淡い思い出に駆られながら、在りし日を思い浮かべる。
当時彼女は大学生で、弁護士を目指していた。
やったらフェミニストだったから、ある意味その手の弁護士になれるかもしれない。
今の状況は全くわからないわけだけど。

思い返せば、毎日毎日、謝ってばかりの付き合いだったな。
何のワードからスイッチ入るかもわからなくて、会う度メールする度に言葉遣いを考えてた。
毎度疲れたと思いながらも、好きという感情は厄介なもので、いつか乗り越えられるとひたすらあがいて。
ペンネームを一緒に考えた時は、「これでがんばっていこう」とか嬉しかった。
中野区のアパート、布団を敷いたらほぼ部屋は埋まる。ベッドを置くと部屋で動けなくなるので、ロフトから布団を上げ下げ。
あの時は「こんな部屋、いつかぬけ出す」とか足掻きまくったけど、何にも悪い日々じゃなかったんだろうな。
「愛してる」と言って言われる感動は、部屋が狭いほどよく反響するものなのかもしれない。

結局、いつか乗り越えられると思ってた恋愛の辛さも、叶わぬものとなったのはそれからせいぜい一年経たないうちだったか。
俺がつい、彼女のことを「重荷だ」といった言葉が響いたようで、それを延々と責められて、終わりを迎えて。
数日後、何度か無言電話が続いたのは彼女からだったのか、赤の他人からだったのか…は、いまだにわからない。

あれから数年後、別の女性と付き合ってペンネームは「ミサキ糖」に変わったわけなので、その当時の彼女が今の俺を知るよしもなくなった。

…とはいえ、デビュー作共々単行本化させたことをもし知ったら、あの日の記憶を、彼女は思い出すんだろうか?
今の俺にいきなり連絡をいれてくる?番号はずっと変わってないからなぁ…。
未練がある恋愛ではないけども、どうしてるんだかな、とはふと思った、という話。

しかしまぁ、ド級のフェミニスト女だったが、よくエロ漫画家と付き合ったな?
そこは今も疑問だな。
スポンサーサイト

コメント

そろそろ新作を

妊婦凌辱作を待っています。


本当に長くお待たせして、申し訳ないです。
単行本は来年を目処に、発売されると思います。
同人の方は、コミケに受かり次第、ってとこですね。
非公開コメント

PROFILE

ミサキ糖

Author:ミサキ糖
サークルMISAKIX MEGAMIXにて、エロ担当の漫画家です。

お仕事等はこちらへどうぞ。→ jazz5520002000@yahoo.co.jp
近頃迷惑メール多数のため、返信がない場合はツイッターなどで呼びかけてもらえれば助かります。

pixiv

カウンター

ひそひそつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。